脊柱管狭窄症の治療は病状が悪化する前に行なおう

女性ドクター

背骨と腰と筋肉のバランス

女医

人間は二足歩行の動物であり、上半身を腰が支えていますが、腰にはたくさんの負担がかかっています。そのため腰痛に悩む人間は多く、年齢関係無く発症するため、痛みを感じたら早期対策が必要になります。多くの腰痛は原因が特定できていませんが、中にはハッキリと分かる腰痛もあるため、そのような場合は明確な治療が受けられます。原因が特定される腰痛の一つが脊柱管狭窄症であり、日本人の3割が発症する一般的な腰痛です。脊柱管狭窄症の特徴は、歩きだし少しすると痛み出すため最初は分かりにくいですが、しゃがんで背中を丸くすると楽になります。脊柱管狭窄症は中年期に多く、腰よりも太ももからふくらはぎ、足の裏等に痛みを発症します。

脊柱管狭窄症には有効な治療法があるため、集中的に取り組む事で痛みを改善する事ができます。脊柱管狭窄症は、加齢により狭くなった脊柱管が神経や血管を圧迫するため、痛みや炎症を伴います。一見すると分かりにくい症状ですが、MRIやレントゲン画像で確認するため、ハッキリと診断する事ができます。治療は狭くなった脊柱管を元に戻すため、外科的手術とブロック注射、服薬や鍼灸等が挙げられます。担当医と話し合って最適な治療方法を選択できますが、長引く辛い痛みを取り除く事で、快適な日常生活に戻る事ができます。腰痛があると余生を楽しめない事も多いですが、脊柱管狭窄症は治療で改善するため、リハビリに取り組む人は多いです。