脊柱管狭窄症の治療は病状が悪化する前に行なおう

医師

薬の処方から手術まで

笑顔の女医

背骨の内部には脊柱管という管があります。この脊柱管の中には神経束が通っています。年を取ったり物理的なダメージを受けたりして背骨が圧迫、脊柱管の中にある神経が刺激を受けるために痛みを感じます。こうして起こるのが脊柱管狭窄症という病気です。脊柱管狭窄症になってもまだ症状の軽いうちであれば、まず痛みを取るための治療として内服薬などの鎮痛剤が投与されます。脊柱管狭窄症になった原因が事故などによる物理的な衝撃である場合には、痛み止めによる治療とリハビリとを続けていれば回復できる可能性があります。しかし脊柱管へのダメージが大きい場合には手術という選択肢もあります。老化が原因となって脊柱管狭窄症になっているケースでは、いずれ別の治療が必要になることが多くなります。

体の老化がもとで脊柱管狭窄症になった患者の場合、痛み止めやリハビリによる治療を続けても症状が進行していくことがあります。症状が進んで痛みがひどくなるようなときには、手術によって治療するのがよいといえます。脊柱管狭窄症の手術にはいくつかの方法があります。大きく分けると固定する手術と固定しない手術です。固定しない方の手術法は除圧術とも呼ばれています。これは脊柱管狭窄症によって狭くなった脊柱管を拡げる手術です。近年は、ほとんどの病院で内視鏡を使ってこの固定しない方式の手術が行えるようになりました。症状が特に重い場合には骨を移植して固定する方法がとられることもありますが、固定すると負荷がかかりやすいのでできるだけ固定しない方がよいといわれています。

保存療法の有効性

病室

頚椎や腰部に発症する脊柱管狭窄症の治療には、大きく分けて保存療法と手術の2通りがあります。狭くなった脊柱管を広げる手術が最も高い治療効果を発揮しますが、手術を望まない患者さんも少なくありません。症状が軽度であれば保存療法でも症状改善が十分に期待できます。患部周辺筋肉の増強や血流改善も効果的です。

この記事を読む

手足のしびれ

カウンセリング

脊柱管狭窄症の主な症状は、手足のしびれです。初期の症状にはブロック注射での治療が行なわれますが、進行が進んでいる場合には内視鏡手術を行なうことがあります。専門の病院については、インターネットで調べることが可能です。

この記事を読む

背骨と腰と筋肉のバランス

女医

中高年に多い脊柱管狭窄症ですが、痛みの特徴はしゃがむと楽になる事であり、太ももからふくらはぎ等に痛みが出ます。治療に取り組む理由は痛みを改善できる明確な方法があるからであり、完治すれば辛い痛みからも解放されます。

この記事を読む